書店院まとりとは

書店院まとり(しょてんいんまとり)氏はエロ漫画を執筆する漫画家。
『アナンガ・ランガ』で活動中。

書店院まとり

【触手エロ漫画】淫魔の家系では18になったら女児を産卵するまで触手に連続アクメさせ続けられる…それが淫魔の掟【繁殖家畜の掟/書店院まとり】

ディスクリプション

淫魔の家系では18歳の誕生日を迎えた日から女児を出産するまで触手に犯され続けなければいけない。地下の牢獄に拘束されてくる日もくる日も産卵させ続けられる。自分でも我慢できないほどの快感にカラダを痙攣させながら、喘ぎ声をあげながら…こんな快感何年も……。私、快感で狂っちゃう。

【透明人間エロ漫画】透明人間になれるなら狙った女を全てレイプし放題!完全犯罪ヤリ放題!!こんな最高な技術ないよなwww【才女を堕とせ/書店院まとり】

ディスクリプション

透明人間になったら犯罪ヤリ放題だぜ?!だってテストではカンニングし放題、女湯は覗きたい放題、銀行強盗はし放題、そして好きな女の子をレイプすることだって…一緒に一人暮らしの家まで侵入してそのままレイプしたってバレない。こんな最高な能力ないだろ!誰か本気で研究してくれwww

【悪堕ちエロ漫画】鬼巫女が大覚醒!人としての平凡なしあわせを捨て、タダ男を逆レイプする鬼に悪堕ちするwww【鬼巫女のしあわせ/書店院まとり】

ディスクリプション

私は昔、鬼女だった。長い年月をたあ人の精を喰らって行きてきた。そんな時、あの村で人間の生活に紛れた。鬼の力を封印して巫女として暮らすうちにこんなにも楽しい日々を送れるようになるなんて…でも刺激の無い生活は幸せだが退屈になってきていた…そんな時に人の精に触れたら昔の血が騒いでwww

【産卵エロ漫画】18歳になったら産卵…それが我が家、淫魔一族の掟!私は3年触手に犯されたけど娘は何年アクメしっぱなしになるかwww【繁殖家畜の掟/書店院まとり】

ディスクリプション

産卵エロ漫画|我が一族、淫魔の一族の女は18歳になったら子作りするのがシキタリ。淫魔のフェロモンは媚薬効果たっぷりだからもう子宮おりてきちゃってるでしょ?その身体の火照りをこの子(触手)で冷ましてあげる。気持ちいい場所的確に刺激する触手の責め…乳首、ポルチオ、そして子宮姦…少女は産卵の快感に目覚めていく。